So-net無料ブログ作成
検索選択

福島氏「重大決意を」 社民、連立離脱強まる(産経新聞)

 社民党の福島瑞穂党首は29日朝のTBSテレビ番組で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題で消費者・少子化担当相を罷免されたことに関し、「個人として罷免されたのではない。重大な決意をしなければならない」と述べ、改めて連立維持は難しいとの考えを表明した。

 福島氏は、連立を解消することで夏の参院選での民主党との選挙協力に悪影響が出るとの懸念に対し「選挙がどうこうという問題ではない。(同県名護市)辺野古に基地という閣議(決定)に署名したらもう沖縄に行けない。もう外を顔を上げて歩けない。それくらいの信義の問題で言ってきたことを実行すべきだ」と強調した。

 同党の又市征治副党首も別の民放テレビ番組で「連立離脱は筋だ」と指摘。離脱の場合は、同党から政府に入る辻元清美国土交通副大臣の辞任に直結するとの見解を示した。また、又市氏は宮崎市内での講演でも福島氏の罷免にふれ、「鳩山内閣はつぶれる。一昨日から民主党の中から鳩山降ろしがとうとう始まった。今は水面下だが大きな動きになる」と述べ、参院選前の首相退陣は不可避との認識を示した。

 一方、福島氏とともにTBS番組に出演した自民党の石破茂政調会長は「辞めるべきは福島さんではない、それは首相だ。『国外、最低でも県外』と発言して衆院選で票を取った。謝ってすむ、軽々しい問題ではない。民意を甘く見るなということだ」と批判した。

 川内博史衆院国土交通委員長(民主党)も同じ番組で、政府方針に対し「賛成しない。辺野古はそもそも無理だ」と述べた。

リバーシブルなミニカー? バンダイ「VooV」登場
福島・飯舘 善意の絵本、村に続々 10日間で1万冊突破(毎日新聞)
<地震退避行動>「火の始末」も見直し 文科省作業部会(毎日新聞)
明石の女性殺害 三男を指名手配 兵庫県警(産経新聞)
“橋下派”外しで自・民・公が結束…大阪府議会(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。